旅行先でもキレイでいたい!美を保つ5つの秘訣

楽しい旅行。年末年始のお休みに行くかたも多いのでは? だけど旅行先で便秘になったり、肌荒れを起こしてしまったら楽しさも半減してしまいますよね。

旅先でもキレイでいたいのが女心。そんな人のために旅行中の美容ケアのポイントをお伝えしていきます。

旅行に行く女性のトランク

(1)お腹ぽっこりは寄せ付けない!便秘対策

旅行中に注意すべき便秘。もともと便秘がちな方はもちろん、普段は快腸な方も旅行中は環境や生活リズム、食事の変化で腸内環境が狂いがち。

スッキリしたお腹の女性

旅行に行く際は、食物繊維入りの青汁やアロエ入りのサプリメント、デトックス系のハーブティーなど腸内環境を整えるアイテムを持参することをおすすめします。

また「よく噛んで食べる」だけでも、消化器官への負担が減り、便秘リスクを減らすことができます。

(2)食べたいけれど太るのは嫌!ダイエット対策

旅先では現地の美味しいものを堪能したいですよね。食を楽しみつつも、ダイエット対策は必須。基本中の基本ですが上記でもあげた「よく噛んで食べる」「ゆっくり食べる」ことは食べ過ぎ防止効果が期待できます。

おやつを食べる女性

また、糖質や脂質をカットするサプリメントを食事前に飲んだり、食事の順番を野菜など食物繊維の含まれるものから始めることで、糖質や脂質の吸収をゆるやかにする効果が期待できます。

(3)旅先で肌荒れを起こさないコツ

旅先でのスキンケアは、基本はいつものアイテムをお勧めします。サンプルやミニサイズが便利だからと、いつもと違う環境下で新しい化粧品をお試しするのは肌荒れリスクを高めます。

スキンケアをする女性

新しい化粧品を使うのは家に帰って落ち着いてから。旅先ではいつものアイテムを小分けにして持っていきましょう。

旅先の季節や温度・湿度が大きく変化する場合は、普段の化粧品にプラスして旅先の環境に合うアイテムをセレクトするのも◎。

(4)肌トラブル・肌老化のもと。紫外線対策

旅先では紫外線の強い地域でなくても、出歩く時間が長いので日焼け止めが必要不可欠。旅行先の地域によっては日本の10倍の紫外線量のところも。

日焼けをしている女性

例えば人気の観光地ハワイでも日本の約2倍以上の紫外線量があるのだとか。事前に現地情報を調べておきましょう。

日焼け止めはもちろん、サングラス、帽子、薄手の羽織りやSPF入りのリップなどのアイテムの準備をお忘れなく。

(5)甘く見ないで!お肌の乾燥対策

旅行先の気候はもちろんですが、飛行機、新幹線などの乗り物やホテルは乾燥しがちです。いつものスキンケアにプラスしてオイルやクリームなど保湿力の高いアイテムを持参しましょう。

クリームを使う女性

また保湿のために植物オイルを持っていく場合、オイルの種類によっては低温度で固まってしまうものもあるので、寒い地域にいく際は凝固点の低いものか乳液やクリームを持参して。ホホバオイルは10度前後、ココナッツオイルは20度前後で固まります。

年末年始や年度末に向けて旅行に行く人も多いはず。ちょっとしたポイントを押さえて、旅先でもキレイと楽しい思い出をたくさんつくって楽しんでくださいね。

ライタープロフィール

美容家・永松 麻美

美容家・エステサロン&スクールSUHADA主宰。自身のニキビ・激太りから容姿コンプレックスに陥り根暗な10代を過ごす。綺麗になるためエステの道へ。「綺麗になる」を通し心や人間関係、人生まで前向きに変わって行く経験を人に伝えるため美容家として活動中。

【保有資格】

CIDESCOインターナショナルエステティシャン/CIDESCOアロマセラピスト/CIBTACエステティックトリートメント/日本エステティック協会上級エステティシャン/日本スキンケア協会認定校資格

【あわせて読みたい】
▽乾燥対策をもっと見る
一日中うるおいキープ!オフィスに置きたい乾燥ケアアイテム5つ
秋冬の乾燥に負けない肌を作る!注目の高保湿スキンケア5選
顔の乾燥、どう防ぐ?専門家が推奨する効果的な対策とは
乾燥肌に◎!しっとり潤う系クレンジング3選

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
足首が太くなる!?ズルズル歩きにぺたんこ靴…NG習慣5つ
猫背でポッコリお腹に!?今すぐやめたい「NG姿勢」5つ
ぽっこりお腹を解消!寝たまま「お腹痩せヨガポーズ」
たったの3分!すっきり痩せ見えが叶う「二の腕エクサ」

関連記事

Source: Life & Beauty Report(LBR)
旅行先でもキレイでいたい!美を保つ5つの秘訣