寝酒は少量でもNG?睡眠を妨げない飲酒の適量とは


【医師が解説】不眠に悩む人の3割がいわゆる寝酒などお酒を不眠解消法にしているようです。特に社会人は付き合いの席や、忘年会や新年会、歓送迎会など、夜遅くまで飲酒する機会が増えますが、アルコールは寝つきをよくする一方で、飲む量や飲み方を間違えると睡眠の質を下げる恐れがあります。いびき、頻尿を含め、寝酒で起こりうるリスクと、睡眠の質を落とさないための上手な晩酌方法、お酒の適量をご紹介します。

Source: TABI LABO
寝酒は少量でもNG?睡眠を妨げない飲酒の適量とは